田代倫章

田代倫章 / 栃木県益子町


2007年08月10日 at 11:03 AM 投稿


内に秘めた陶芸への情熱!注目の若手作家がついにガス窯を

陶芸を始めたきっかけは?

高校時代、親友が陶芸部に入部したことがきっかけでした。


部活動はどうでしたか?

やってみて、自分の手先が意外と器用だということを実感しました。やっていけそうな気がしました。


進学も陶芸を専攻したんですね?

奈良県の芸術短期大学陶芸コース専攻科で2年間陶芸を学びました。川田栄一教授の授業のゼミでした。


師匠の今成誠一先生との出会いは?

高校時代の恩師の紹介で今成先生のもとで修行することがかないました。5年間住み込みでした。


住み込みで5年間ですか。まさに陶芸漬けの生活でしたね。今回、独立に至ったわけですが、創ってみたい作品がありましたら教えてください。

焼〆や自然釉作品に魅力を感じています。芸術性の高い大物作品にもトライしたいですし、大作を作って公募展にも出品したいと思います。日常的な雑器でも、こだわりのある作品創りを心がけて仕事をしたいと考えています。今は焼〆のものを中心に、とにかく自分でいろいろやってみたいですね。


ダイチクのガス窯を選んだ理由

第一に、信頼できるメーカーであるということで選定した。
次のポイントとして、焼〆だけではなくていろいろな焼き方に対応している窯であるということがある。例えば、引き出し用の扉を特別仕様として付けたことや、炭化焼成のできる窯であることである。


ダイチクからのメッセージ

田代さんは今成誠一先生のもと、5年間住み込みで陶芸付け生活を経験しています。数モノ作りから芸術的センスの鍛錬まで、陶芸家として一通りのエッセンスを吸収した実力派といえます。
物静かな語り口ですが、自分のいろいろな可能性に挑戦したいという強いバイタリティが感じられます。内に秘めた陶芸に対する情熱は大きいと感じました。これからの作陶活動が楽しみな28歳です。


田代倫章さんプロフィール

1979年 宮崎県生まれ

1996年 大阪柏原高校時代 陶芸部に入部

1998年 奈良芸術短期大学 陶芸コース入学。専攻科含め4年間在学

2002年 益子・今成氏に師事